Dominic Rodriguez

Dominic Rodrigues ("DOM"として知られる)は2002年から活躍を続けるマルチプラチナセールス・プロデューサーです。


L.A.、ソウルをベースに、DOMは今までB2K、Destiny's Child、Lady Gaga、Snoop Dogg、少女時代、東方神起、EXO、SHINee、E-Girls等の楽曲制作を多数行ってきました。又それ以外にもA&R、アーティスト・:マネージメント、マーケティング、出版等、エンターテイメント業界の様々なフィールドにおいて14年以上に渡り活動してきました。現在ではAudity Musicの副社長兼制作部門の責任者としても活躍しています。

2001年にDOMはL.A.ベースのプロダクション・チーム"PMG"とのコラボレーションを開始、以来このチームとの活動を続け、プロデュースやB2K、Destiny's Child、D12のBizarre等のプロジェクトのエグゼクティブ・プロデューサーとして活躍、その後N.Y.にも拠点を移し、著名なコンポーザーや業界の大物とのコラボレーションする出会いに恵まれます。彼らとのコラボレーションを通じて、DOMはアメリカでLL Cool J、Michael Jackson、Lady Gaga、Snoop Dogg、Jazmine Sullivanといったメジャー・アーティストとの活動を継続、又TV、映画のサウンドトラックにも楽曲提供する事になります。

2011年にはインターナショナル・マーケット、特にアジアにフォーカス、韓国に拠点を移してからは 著名なレーベル、出版社と強固な関係を構築する事により、アジアで数々のヒットを飛ばし、最近では少女時代の"The Boys"、EXOの"Call Me Baby"、E-GIRLSの"Pink Champagne"、アジアの人気グループSUPER JUNIORの"Mamacita"等のヒットを手掛けています。

 

Website‐
http://www.auditymusic.com/