ERIC MARTIN

Eric Martinはサンフランシスコのバンド"415"のメンバーとして70年代末にキャリアをスタート、1984年バンド解散後はソロ作品"Eric Martin"、"I'm Only Fooling Myself"をリリース、そのソウルフルなボーカルと独創的な歌詞が大きな話題になりました。

80年代後半にはBilly Sheehan、Pat Torpey、Paul GilbertとMR. BIGを結成、以来6枚のスタジオアルバム、多数のヒットシングル、6枚のライブアルバムをリリース、ワールドワイドで700万枚超のセールスを記録しました。

3枚目のソロアルバム"Somewhere In The Middle"はMR. BIGの活動の間を縫って2年間かけて制作され、1998年にアジア、ヨーロッパでリリース、2001年にはMR. BIGとしての最後の作品"Actual Size"をリリース、グループ解散後はソロ活動を継続し、アメリカ、日本、ヨーロッパ各国でツアーを敢行、又最近ではB'zの松本孝弘のプロジェクトにJack Blades、Chris Frazierと共にボーカリストとして参加、アルバム"TMG 1"もリリースされ、プラチナセールスを記録すると共に日本で20都市、武道館を回るツアーを行っています。

2009年にはMR. BIGがオリジナルメンバーで再結成され、リユニオンツアー、世界ツアーを敢行、2011年グループ名義の新作"What If"をリリース、2012年には世界最大のロックオペラ"AVANTASIA"のゲスト・ミュージシャンとしてアルバム、ツアーに参加、2014年"The Stories We Could Tell"をリリース、更に2017年には9枚目のスタジオアルバムの発売を予定するなど、ソロ、グループとして精力的な活動を続けています。

 

Official Website  

http://www.ericmartin.com 

FaceBook  
http://www.facebook.com/officialericmartinpage/

YouTube 
https://www.youtube.com/channel/UCxPuS5sMurrvl2ZCJ0dfigg

Twitter  
http://twitter.com/EricMartinBand

ReverbNation  
http://www.reverbnation.com/ericmartinofficialpage