• James Keyz Foye prodused “What Happened To Us”, “Let’s Talk”,“I Been On.”

James Keyz Foye

音楽はいくつかの楽器が組み合わさって創造される。その中でも傑出した存在、それがKeyzである。弱冠23歳の音楽界の奇才は次のステージに向かって一歩一歩確実に進歩し続けている。

8か月に及ぶハードワークの末、ビヨンセを共同プロデュースしたKeyzは、いわゆる「サウス」サウンドを代表するプロデューサーの1人である.PoLow Da DonのもとでTimberlandとSonny Digitalと共にあのクイーン、Beyonceのシングル「I Been On」のプロデュースを果たすこととなる。まさに彼の特異な才能が開花し、認められた瞬間である。

最近の功績としては、The Upperclassmenの共同プロデューサーでもあるAyoと共に手がけた2012年夏に発売されたMMGのコンピレーションアルバム”Self Made 2”に収録されたOmarionのシングル“Let’s Talk”だろうか。又アトランタ芸術専門学校の音楽ビジネス科と音楽制作科の2つを専攻、そしてBMI所属アーティストとして、最高の技術習得と卒業に向けてとても多忙な日々を過ごしている。

ニューヨーク出身のKeyzは現在Rick Ross、Meek Mill、Jennifer Hudson、Diggy Simmons、Sevyn、Asher Monroe等のアーティストのプロダクションを手かげている最中である。
一方、Polowとの共同制作であるVeronica ft. 2 Chainz(Cash Money)の“What Happened To Us”がラジオでヘビー・ローテーションされたおかげでKeyzの知名度はうなぎ上り、しかしKeyzの勤勉欲は決してぶれず、今後もいい楽曲を制作する事に集中している。