Joseph Williams

Joseph Williamsは著名な作曲家John Williamsと女優Barbara Ruickの間の三男として1960年9月にカリフォルニア州生まれ、現在でも活動を続けるアメリカのスーパーグループ、TOTOのリードシンガーです。


1982年にアルバム"Joseph Williams"でデビュー、その後1986-1989年にTOTOの3代目リードシンガーとして3枚のアルバムに参加、又コンポーザー、ソングライターとして、"The Goonies" (1985)、"From Dusk Till Dawn 2: Texas Blood Money" (1999)、"Star Wars:The Phantom Menace" (1999)等の映画や、"Roswell" (1999-2002)、"Miracles" (2003)、"Felicity" (2002)等のテレビシリーズに楽曲を提供、又ウォルトディズニー映画"The Lion King"ではキャラクター、シンバの歌の吹き替えにも参加しています。このような活動と並行してJosephは4枚のソロ・アルバム、"I Am Alive"、"3"、"Early Years"、"This Fall"をリリース、その後2010年にTOTOに戻り、現在でもツアーを続行、2013年にはツアーライブを収録したDVD、"TOTO 35th Anniversary Live in Poland"を発売しています。2015年にはアルバム"TOTO XIV"に共作、共同プロデュースで参加。TOTOは40年近く自分達のスタイルを貫き、現在でも活躍中で、Josephはボーカリストとして"I'll Be Over You"、"Could This Be Love"、"Pamela"、"Stop Loving You"等のヒット曲をチャートインさせています。

 

Official Web Site  
http://totoofficial.com/

FaceBook  
http://www.facebook.com/JosephWilliamsFanpage/

YouTube  
http://www.youtube.com/results?search_query=joseph+williams

Twitter  
https://twitter.com/dashlrow